授乳の相談

母乳は赤ちゃんに頻回に飲んでもらうことで少しずつ量が増え、赤ちゃんに必要な量が作られてきます。産後1ヶ月は赤ちゃんの飲む量とママから作られる母乳の量のバランスが整わず、調整をしている時期です。その時期に必要以上にミルクをあげてしまうと、せっかくの母乳を増やすチャンスが少なくなり、結果、母乳の量がなかなか増えなかったり、赤ちゃんがおっぱいを嫌がるようになったり、哺乳瓶と乳頭混乱をおこしてしまったり、、、ということが起きやすくなってしまいます。

赤ちゃんが上手におっぱいを吸えるかどうかは、なるべく早い段階でのケア、産後1ヶ月以内にケアしてあげることが大切です。

 

赤ちゃんがうまくおっぱいを加えられない、乳頭が切れて痛い、どれくらい飲めているのか分からない、必要量が足りているのか不安、、、、など、実際に家で生活をしてみると、色んな不安や疑問が出てきますよね。

 

そんなときは一人で悩まず、一緒に赤ちゃんが上手におっぱいが飲めるようお手伝いをさせて下さい。授乳の仕方は1回の訪問で良くなる場合もありますが、赤ちゃんの体重や飲み方を追ってみていく必要がある場合は、何度か訪問させて頂くことで良くなっていく場合があります。

 

また、「あお助産院」では母乳育児をされているママはもちろん、ミルクと併用して育児をされている方、ミルクのみの方のご相談にも応じています。訪問時は赤ちゃんの体重計をご自宅にお持ちし、実際にママと一緒に、お子さんに必要な母乳やミルクの量を考えさせて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました