たすき帖

LIFE

たすき帖ことはじめ講座に行ってきました。

 

たすき帖って、皆さん知っていますか?

 

簡単に言えば育児記録。でもよくある育児記録じゃない。

妊娠中から子供が成人するまでの記録や、子供に伝えたいこと、残したいことをまとめられる。

我が家の夢や、秘伝のレシピや、もしも自分に何かあった時のメッセージや。

色々分散しがちな記録を、この一冊にまとめることで、いつか子供が成人した時に渡すことができます。

実際に、成人した時母親からもらったという人や、出産祝いとしてたすき帖を送られる方もいます。

 

たすき帖を作られた伊藤加奈子さん、富士宮出身なんです。とっても気さくで美人で明るくて、密かにファンな私。

今日は伊藤さんが直々にたすき帖の使い方を教えてくれる!というので、楽しみに行ってきました。(気づいたら講座日まで数日に迫ってて滑り込みセーフで申込したラスト1人は私。。日々に追われ過ぎ。。。)

 

娘のたすき帖は黄色。葵の向日葵をイメージした綺麗な黄色。

描きたいな〜と思いつつ、ついつい毎日に追われて開く余裕がなく、頭の片隅に置いてありました。

たすき帖を持ってる方は分かると思うけど、実物はすごく薄くて、書く所も多くないんですよね。しかも記入欄はフリーな感じ。

そこが良いところなんだけど、今日講座に来られていたママ達は、

「自由すぎて何から書いていいか分からない」

「書き始めに戸惑う」と言っていました。

 

確かにな〜。

 

でも、実際に伊藤さんから話を聞いて、

綺麗な文章を書く必要はないこと

ありのまま、思ったことを書いていいこと

年に1回、その子の誕生日でもいいから、たすき帖に記入し続けること

色々な事を聞いて、すっと力がぬけました。

 

記録と想い。娘に伝えたいこと。ばぁ〜と出てきた。

大きくなったら娘と何をしたいとか、どこに行きたいとか。どんなふうに育ってほしいとか。

娘が大きくなった時、このたすき帖を渡したらどんな反応をしてくれるかなって、楽しみになって、書くことが喜びに変わりました。

 

伊藤さん、素敵なノートを作って下さり、本当にありがとうございます。

 

このたすき帖、お店やネットでも購入できますが、富士宮市では〝誕生祝い”として2年ほど前より市がプレゼントしてくれています。いいでしょ〜

息子の時にはなかったけど、遡ってH26年以降に生まれた子ももらえるということ!!

市役所に母子手帳を持っていくともらえるみたいです。

 

息子の分も、書いていこうかな〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました