我が家の避難バッグの中身(子連れ避難)

LIFE

前投稿の続き(前投稿はこちら

 

災害の多い日本では、避難バッグを家で用意している方も多いと思います。

子供がいるご家庭ではなおさら、何かあった時に子どもたちの命を守るため、必要に感じて用意される親御さんも多いのではないでしょうか。

私も、子供ができてからその必要性をすごく感じ、家で用意するようになりました。

点検は年1回。毎年3.11の日に中身の確認をするようにしています。

(今年はすっかり忘れていて今のタイミング・・・^^;)

 

今回は自分が災害支援助産師となったことから、助産師として必要な物も考えつつ、新たに必要なものを足してみました。

子連れ世代の方、良かったら参考にしてみて下さいね。

👫家族構成
パパ  ママ  息子(3歳) 娘(1歳)    ※同居しているジジババ分は別
避難バッグの中身↓
現金 オムツXL2枚 おしりふき 携帯トイレ 生理ナプキン 着替え(子供2人分) タオル はぶらし
爪切り 輪ゴム ゴミ袋 ビニール袋 新聞紙 トイレットペーパー 乾電池 *救急セット
ゴム手袋 缶切り ペン ロープ マッチ ライター ラジオ ライト へこおび
ワンバーナー ガスカートリッジ カトラリー アルファ米 缶詰 飴 おかゆ×3 カンパン 水4ℓ
*救急セットの中身
アルコールスプレー 清浄綿 冷えピタ マスク カイロ 絆創膏 サージカルテープ はさみ 刺繍糸
臍帯クリップ ゲンタシン軟膏 鎮痛剤 抗生剤 座薬(小児用) 助産師ビブス 赤ちゃん用ラップシート
ざっとこんな感じですね。書いてみるとすごい量・・・w
今回新たに追加してものは、
刺繍糸
紙コップ
ラップ
スープ&お茶
割り箸
カトラリー
臍帯クリップ
助産師ビブス
へこおび
赤ちゃん用ラップシート
いざお産!となった時でも動けるよう、最低限の救急セットも中身を厳選しました。
災害バッグを準備する時、第一は自分の家族(特に子供達)が1〜2晩を過ごせるかどうかを考えてみて下さい。
(我が家は食料や水が絶対的に足りていない😂)

お子さんがまだ小さいお家はざっと考えただけでも準備物が多くなると思います。。。

我が家の場合、1歳の娘はまだオムツをしていますが、普段おむつなし育児をしているので、オムツが絶対必要!!とは考えていなくて(ビニール袋と布があればなんとかなります)。今回は3歳の兄でも万が一の時に使えるXLサイズのオムツ2枚だけをバッグに入れることにしました。

ミルクを飲んでいる子は、日本でも最近液体ミルクの販売が許可されるようになったので、災害時用にストックしておくのもいいと思います。

服やタオル類の準備は二の次でいいと思うけど、もし災害が冬だったら、、と考えて私は多めに入れています。布は何にでも代用できるしね。

バーナーやガスはお湯を沸かす手段なので、最悪水だけ備蓄していても十分です。(我が家は山やキャンプか好きなので、アウトドアグッズが充実しています)

食料も定期的にチェックしないと日切れになるし、子供達の成長に合わせて必要なものも変わってくるので、災害バックは定期的にチェックをしましょう。

静岡県民の方は、今年6月から静岡県防災 のアプリが使えるようにもなっています!!


自分の家の近くの避難所がどこにあるのか、津波や地震情報なども細かに通知してくれます。
参考にしてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました