流産・死産・新生児死を経験された方へ

あお助産院

あお助産院のある静岡県富士宮市、そして隣接する富士市には、子育て世代のママや女性達をサポートしている企業がたくさんあります。

今年、富士市で鍼灸を通して不妊治療に携わっていらっしゃる、CARE ROOMSの中村先生とひょんなことからご縁がありました。

そして中村先生とのご縁から、さらに様々な専門家の方と出会い、

中村先生を筆頭にした CARE ROOMS GR(ケアルームスグループ)が立ち上がりました。

多職種がつながることで、
妊娠前から妊娠中、出産後、子育て、更年期まで、女性をトータルでサポートをしていくことが、
私達が集まる目的です。

2ヶ月に1度、メンバー同士で顔をあわせ、
お互いの状況や情報交換をしていく。

同じ地域で活動しているもの同士がつながっていくことで、
活動の幅も広がります。

これって、個々で活動している者にとってはすごく心強いことで、
違う職種同士だからこそお互いの勉強にもなるんです。

ミーティングはメンバーである 月のおうち で☆

 

まだまだ動き始めたばかりの私達ですが、

この地域の人たちに、よりよい還元ができるよう、切磋琢磨していきたいと思います。

 

~~~~~~~~~

 

そんなケアルームスグループの先日のミーティングで、

静岡市で、流産・死産・新生児死を経験された方に寄り添った活動をされている、アンズスマイル の押尾さんのお話を聞かせて頂きました。

 

押尾さん自身、

流産、死産を経験された方。

 

”暗闇の中を彷徨っていた時、

同じような経験をされた方との交流がとても励みになった、

と同時に、

今の日本には、

そういった方に対するケア(グリーフケア)や、サポート体制が整っていない”と感じ、

ご自身で、流産・死産・新生児死を体験された方達をサポートするアンズスマイルを立ち上げられました。

 

押尾さんのお話を聞いて私の中にこみあげてきたのは、

私がこれまで出会ってきた亡くなった赤ちゃんやご家族のことでした。

 

 

私が東京の日赤医療センターに勤めていた時、

入職して初めてお世話になった場所は、

病気を抱えた赤ちゃん達の治療室、GCUでした。

 

元気に生まれ、

育っていくことがどこか当たり前だと思っていた頃。

幸せなお産のお手伝いをしたいと意気込んでいた20代の頃。

 

GCUは私にとって心を揺さぶられる毎日で、

今振り返ってもいろんな感情が湧いてきます。

 

当時、

亡くなった赤ちゃんに対して、

先輩達はとっても綺麗にお化粧をしたり、

ご家族と一緒にお風呂に入れてあげたり、

最後の家族の時間をとても丁寧にされていたと感じます。

 

そんな先輩達の横で、

当時の私は悲しみとショックが大きすぎて、

家族にかける言葉も見つからなかったし、

その場でうまく泣くこともできませんでした。

 

 

押尾さんのお話を聞きながら、

あの時毎日一生懸命生きていた赤ちゃん、それを支えていたご家族の状況を思い出して、

言葉につまりました。

 

私の中で、

まだまだ全然消化できていない思いが、こんなにもあったんだと気づきました。

 

ご家族の方へのグリーフケアももちろんだけど、

現場で働く医療者へのケアも、十分ではない気がします。

 

 

押尾さんが、

「お腹に赤ちゃんを授かった時から、我が子なんです」とおっしゃった言葉がとても心に残りました。

 

私も、今年7月に、初めての流産を経験しました。

 

自分は全然大丈夫、と思っていたけれど、やっぱり涙はたくさん出た。

たった数週間とか、

初期だからとか、

関係ない。

お腹に宿った時点で、大切な我が子だから。

悲しくない、なんて暗示をかけなくてもいいんだなって思えました。

 

 

「その子が生きていた、存在していた、ということを、一緒に知って話せることがとても嬉しいことです」

と、押尾さんは話されました。

 

亡くなった事実に対して、

腫れ物に触るように話さない、じゃなくて、

その子が存在していた生活を、

一緒に話せるようにしたい、そんな助産師でありたいなと思いました。

 

 

あの時のご家族は、

今どんな生活を過ごされているのかな。

いつかお会いできたら、

私もお話したいことがたくさんある。

少しずつ、

前を向いて生活されていることを願います。

 

 

アンズスマイルさんでは、定期的に同じような経験をされた方達とのお話会をされています。

 

現在は静岡県内だけでなく、全国を回って講演活動をされています。

 

何か心に惹かれる事がある方は、

ぜひ、アンズスマイルさんの活動を除いてみて下さいね。

🔸HP: http://ans-smile.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました