おっぱいとケーキ

ブログ (Blog)

明日はChristmasですね。

 

サンタ来るかなって楽しみにしている子供達と、

サンタバレないかなってソワソワしている大人達。

 

我が家も今晩、

バレないように、忍びます。

 

朝起きたらサンタが来ていたなんて、ロマンチックだよ。

純粋な子供心、

小さい時ぐらい大事にしてあげたいなって思います。

 

 

そんな中、授乳をしているママ達にお知らせ。

 

Christmasに忘年会に、お正月。

 

これからは怒涛の

暴飲暴食期間に突入しますね。

 

必然、

おっぱいトラブルを抱える人も多くなります。

 

 

ケーキを食べたからおっぱいが詰まった

チョコを食べたらおっぱいが詰まった

 

これら食べ物にまつわるおっぱい話は、実は根拠がありません。

 

母乳は血液からできているので、

ママの血液の流れが悪くなると、

母乳の流れも悪くなって、

流れの悪い部分が管を塞ぐように滞って、母乳のつまりの原因となります。

 

食べたものがそのまま母乳に出ていくわけではなく、

食べたものは体の中で、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸などの小さな栄養素に分解されてから、体に吸収され、のちに血液へと運ばれていきます。

 

だから、自分の食べたものが悪かったから母乳がつまったんだ、

なんて思わないで下さいね。

 

つまった時は、

数日前の生活をちょっと思い返してみて下さい。

 

何か血液の流れが悪くなるようなこと、なかったかな?

いつもと違う生活リズムになっていなかったかな?

 

 

疲れ、ストレス、寝不足、肩こり、冷え….

 

ここにプラス、

 

授乳間隔がいつもより空いた

遊び飲みが始まった

うまく吸えない

など、赤ちゃん側の要因が加わると、おっぱいが詰まりやすくなります。

 

 

だからね、

Christmasにケーキ食べていいし、お正月にお寿司を食べても問題ない。

 

ただこの時期は、

ママも友達や親族と楽しく忙しく過ごすことが多いので、

授乳がいつもより空きすぎないように気をつけてあげて下さいね。

 

体が温まる飲み物を意識的にとるのも血流を良くするのに効果的。

 

 

もし、

やばいな。なんかおっぱい変だなと思ったら、

我慢をせずにあお助産院に電話を下さい。

 

その時の状況でできるセルフケアをお電話でお伝えし、

必要時は母乳ケアをさせてもらいます。

 

一番は赤ちゃんにたくさん飲んでもらうことが、

乳腺炎の特効薬。

それでも難しい時は、

助産師がお手伝いをさせて頂きます。

 

 

ママが楽しく食べて飲んで、

赤ちゃんたちも幸せなChristmasをお過ごし下さい🎄


あお助産院
お問い合わせ:080-8050-8007(平日9時ー16時)
年末年始休み:12/29~1/5

コメント

タイトルとURLをコピーしました